小顔

小顔レッスン

チークで小顔を作るテクニック


顔が大きいのは生まれつきと諦める必要はありません。チークの入れ方ひとつで、小顔に見せることができます。
チークはただ血行をよく見せるためのものではありません。バランスを考えて使うことで、小顔に見せたり、逆に顔を大きく見せてしまうこともあります。通常は頬骨のあたりに楕円形に入れるチークですが、小顔に見せたいときは、頬骨のやや下から、耳の方へ向かって使います。
この時注意したいのが、ブラシに粉を取ったら、一度手の甲でポンポンと余分な粉を落としてから、顔に付けることです。いきなり顔にのせてしまうと、どうしても濃くつきすぎてしまいます。自然な小顔に見せるためには、余分な粉をあらかじめ落としておく必要があります。こうすることで、頬の中心から耳の方まで自然なグラデーションが出来上がり、小顔効果が高まります。
パウダータイプが調節しやすく一番使いやすいですが、伸びが欲しいときはリキッドタイプ、つややかな印象に仕上げたいときはクリームタイプなど、目的に合わせて使うといいでしょう。慣れるまでは、つけすぎてしまう傾向があるので、いきなり朝のメイクで試すことはせずに、休日などゆっくり時間が取れるときに練習するときれいにつけられます。


コメントを受け付けておりません。