小顔

小顔レッスン

アイメイクで小顔を作るテクニック


女性にとって化粧をすることは、相手に対してのマナーであり、自分に自信を持つための重要な行為です。人は見た目が全てではないと言っても、見た目をよくしたいと思うのは女性の性です。特に小顔に見せたいというのは、痩せたいと同じ、大きな悩みであり願いです。それを叶えるために日々、女性たちは化粧を研究し、専門家の技術を真似して努力しています。例えば目を大きく見せるアイメイクをすれば、相対的に顔が小さく見えます。まず、一重よりも二重まぶたの方が目は大きく見えます。アイプチなどでくっきりとした二重まぶたを作りましょう。次にアイシャドウを塗りますが、ベースのカラーはしっかりまぶた全体に塗りましょう。他の色をのせるときに発色がよくなりますし、くすみを隠して目元が明るくなります。あとは他の色を順番にのせていきます。その時、グラデーションになるように色を選びましょう。1番濃い色は黒目の上あたりから目尻までと、その下まで塗り、少し囲むようにすると目の印象がはっきりします。目全てを囲むのではなく、半分だけにしましょう。人は初対面のとき目を最初に見ます。そのとき印象に残るようなアイメイクをしていれば、顔の大きさには意識はいきません。


コメントを受け付けておりません。