小顔

小顔レッスン

シェーディングで小顔を作るテクニック


大きな顔で悩んでいる人は、ベースメイクが終わった後にシェーディングを利用すると良いでしょう。面長で悩んでいる人は、おでこの生え際部分と、アゴ先にシェーディングをすると顔を短く小顔に見せることが可能です。
また横に広がった輪郭で悩んでいる人は、エラ部分をはじめ顔の側面にシェーディングを使ってみましょう。そして立体感を出すと顔を小さくまとまった印象に変えることが出来るため、鼻筋部分や目と眉毛の間部分にシェーディングを使うと中心部分が立体的に見えるため普段よりも顔をコンパクトに見せることが出来るのです。
あまりに肌とシェーディングの色が違いすぎると、舞台メイクのように違和感が出てしまうため、なるべく自分の肌にあったナチュラルな色を使って少量ずつ行うのがポイントです。自分でメイクをすると人目で分かるくらい大量にパウダーをつけてしまいがちですが、ぱっと見て分からないくらいの少量でも他人から見てみれば充分すぎるほどメイクをしている感じが見て取れるため、ほんの少量ずつ鏡を見ながらつけていくのがおすすめです。
そして太陽光の下や蛍光灯の下など、外出先と同じくらいの明るさの下でメイクをすれば美しい自分を感じられるでしょう。


コメントを受け付けておりません。