小顔

小顔レッスン

なりたくないデカ顔になってしまう原因


デカ顔の原因はずばり、浮腫みと歪みです。食事をしたり話をしたりと、普段動かす機会が体のなかで一番多い顔というパーツは、非常に複雑な筋肉で出来ています。足や腕など、脂肪のつきやすいパーツはカロリー制限などで痩せることができますが、デカ顔を小顔にするには、脂肪ではなくこの筋肉の構造をコントロールしてあげる事が大切です。まず浮腫みですが、これは筋肉と骨の間にあるリンパの流れを整える事で解消できます。長期間デスクワークを行ったり、食べた後にすぐ横になってしまったりすると、顔の筋肉が硬直してリンパがその間に溜まってしまいます。特に瞬きの回数が少なくなるPC作業などは、目の周りが腫れぼったくなる大きな原因です。スキンケアの最後にクリームマッサージを取り入れる事が一番効果的ですが、30分ごとに力一杯瞬きをしたり、寝る前に大きな口であ、い、う、え、お。と5回繰り返して発音するだけでも、簡単に浮腫みをとることができます。もう一つの原因である歪みは、片方の口で噛んだり、足を組む癖などによって筋肉のつき方が偏ることで発生します。左右均等に筋肉がつくとバランスが整い、自然と引き締まった印象を与えることができます。普段の生活で両方の顎で噛んだり、足を組まないように気をつけましょう。特に、左右の顎で噛むと口角も上がるのでよりデカ顔防止になります。両方の筋肉の偏りは治りやすいので、早いと1ヶ月で元に戻ってきます。顔の筋肉は生活習慣の蓄積により癖ついてしまうので、まずは普段の生活から意識してみましょう。


コメントを受け付けておりません。